Blog ブログ

Added 7 mountaintop castles around Matsumoto 2016年02月20日

英語で読む

松本の小笠原城跡を追加しました

松本はもちろん現存12天守の松本城で有名ですが、その周辺に興味深い山城もたくさんあります。これらの山城が特に面白いのは戦国時代に珍しかった石垣を多用していることです。土塁や竪堀も充実していてお城ファンに大変オススメです。

山家城

徳運寺から墓地の裏から西尾根を登っていく道があります。この道は説明板がありませんが城ファンなら小曲輪や堀切はすぐわかるでしょう。主郭の高石垣は本当に見事で感動しました。主郭を過ぎるとまた堀切と小曲輪群があります。下りは主郭付近からもっと直の道で徳運寺の東の方に降りることができます。西尾根より険しいけれど、下りだから楽に下ることができて便利です。この西尾根から登って直面から下りるコースがお勧めです。

桐原城

山家城の後で自転車に乗って、桐原城に向かいました。桐原城は山家城から松本方面で約3キロ離れています。歩いても行ける距離です。山家地区は松本より標高が高いのでこの道の眺望も素晴らしいです。山家地区はぶどうも有名みたいです。ぶどう畑が多くて桐原城の近くにも山家ワイナリーがあります。桐原城を訪れてからワイナリーへ行って、そこからタクシーを呼ぶ人も珍しくないそうです。次回はそうしてみたいです。

私が見た案内は西側の大手道から紹介しているけれど、山家城から行く途中の道に別の登山道を見つけました。搦手口だったようです。主郭の曲輪群に着く前に掘、土塁、虎口などが多数あってとても見ごたえがあります。それだけでも十分に満足できるけれど、主郭への道はとても感動します。最初の石垣から見上げると段々になっている曲輪群が低石垣で囲まれています。主郭そのものも結構広くて背後には大きい土塁があります。全体的にこの城跡は想像以上に遺構が多くて感動しました。多くのブログや本はこの城跡の素晴らしを十分に伝えていないと思います。今回の松本周辺の城巡りだけではなく、多分2015年で一番面白かった城跡でした。

埴原城

蓮華寺から案内板があるので登山道はわかりやすいけれど、一旦柵を通ると「堀切」などの簡単な案内しかありません。道がわかりにくい所もあるから地図を持参した方が無難でしょう。私も道に迷って城跡を超えてしまいました。埴原城は松本周辺の他の有名な山城と比べて石垣が少ないけれど竪堀、畝状竪堀、堀切などがどこよりも見事です。ぜひ自分で確かめてください。

私は松本で泊まって自転車もあったので、朝一にタクシー(2700円)で埴原城まで行きました。六時半頃に登り始めて十時頃にはもう戻っていました。次は自転車に乗って林小城に向かいました。ずっと下り坂だから楽しくて楽でした。

林小城

松本を訪れる城ファンには必見です。石垣が立派で大きな土塁と堀切も見応えがあります。複数の登山道があるようですが、今回は最短で最もわかりやすいルートで登りました。時間があれば西の登山道から下ることも考えられます。林大城とセットで見た方がいいでしょう。

林大城

山の東北から道路で頂上まで車で行けますが、尾根に沿った主要な登山道の方がずっと面白いです。数多くの小曲輪や堀切を見てどのように利用されたかを想像するのも楽しいです。眺めがいい場所もあります。

犬甘城

犬甘城はとても小さい城跡です。知らないで行けば多分城跡だと気づかないでしょう。時間があればせめて眺望を楽しむために登る価値があります。私は埴原城と林城を訪れた後でまだ少し明かりがあったので、松本駅よりちょっと北にあるだけのこの城跡へ行こうと気軽に思ったら、この山は思った以上に大きくて道が険しいので自転車は半分以上押して登りました。

青柳城

駅から青柳城への道が二つあります。道路に従って復元の櫓門がある所まで行くのと主郭まで直で登る登山道があります。行きはタクシー(1700円)で行って、帰りは登山道を使いましたが、駅から歩いて行って帰るならかなり疲れるでしょう。今回は三日目の山登りで少し疲れてきたから行きは駅からタクシーを使いました。

櫓門からの道は楽です。郭や堀切を通ってから石垣がある主郭に着きます。雪化粧のアルプスの眺望がとても素晴らしかったです。青柳城は案内板が多くてわかりやすいです。城下町には善光寺街道の宿場もありました。現在は町並みが少し残っているけれど保存状態がいい建物はありませんし、ほとんどが建て替えられました。

青柳城以外の城はあまり地図と案内板がないので、事前に勉強して、地図のコピーを持って行った方がいいです。いい地図がなければ、迷う心配もありますが、遺構も見逃してしまうでしょう。ちょっと高いけれど「信濃の山城と館4」の地図と説明が重宝できます。「長野の山城ベスト50」にもこれらの城跡が全部載っています。

これらの山城へ行くのならいいハイキング靴とストックを持って行くのは言うまでもありません。秋は特に落ち葉が多くて滑りやすい所もありました。

0
Viewer Comments

Comment