Edo Castle Project 江戸城特集

これは江戸城の遺構を全部記録するプロジェクトです。まだ撮影していない場所もあるので作成中です。江戸城のプロフィールページに載っていない写真もたくさん載っています、こちらから是非見てください。江戸城は本当に大規模なお城でその遺構も東京中にあちらこちらに残っています。 あまりお城として認めない人もいますが、このページでその遺構や構造を見ていただけたら江戸城の規模と素晴らしさが少し分かっていただけると期待しています。以下で写真を更に撮影場所と遺構の種類に分類しています。地図の右上にあるスライダーを使って、古地図の透明度も調整できます。

遺構の種類別の写真

お城の建造物


現存また復元の櫓、門、番所などのお城の建物。

石垣と掘


外堀も含めて、東京は意外と堀と石垣が残っています。

大名屋敷の遺構や品川台場等


強いて言えば、お城の一部ではありませんが、江戸城と深く関わっている場所です。
場所別の写真

皇居の非公開部分


宮殿のある旧吹上郭。一般参賀の日や特別ツアーでしか入場できません。

東御苑


お城の本丸、二の丸、三の丸に当たる部分。大半の建造物この中にあります。

北の丸


武道館のある公園です。田安門と清水門は重要文化財です。

外堀 — 日比谷から虎ノ門


日比谷周辺は堀と石垣がいろいろ残っています。虎ノ門では発掘された石垣が文部科学省の前で展示されています。

外堀 — 赤坂から市ヶ谷


この周辺は外堀の石垣が多く残っています。特に赤坂御門と弁慶堀の位置書きが見事です。

外堀 — 飯田橋


飯田橋では牛込門の石垣がよく残っています。小石後楽園は水戸藩の庭園があり、現在は外堀の石を転用している壁があります。

外堀 — 一ツ橋から大手町


外堀はここからだんだん螺旋のように内堀から遠くなって行きます。首都高の下に石垣がたくさん現存しています。

地図について


地図が大好きです。大学で一時地図制作者になろうと思って授業を受け始めた位です。道路の地図から地形図まで何時間みても飽きません。当然古地図にも大変興味があります。上記のグーグルマップに使っている古地図は1803年の分間江戸古地図と言います。当時の地図にしては正確な方なので、グーグルの地図に上に載せても十分に合っています。確かに完璧ではありませんが、二百年前の地図にしてはすごいと思います。 この地図の画像は国立国会図書館の許可を得て使用させていただいています。江戸時代の地図に付いての新しいページも作成中。お楽しみに。

著作権について


グーグルマップで使っている地図は文章上で国立国会図書館より使用許可を得ています。場所別の写真のサムネールはまた別の地図から取っていますが、こちらは日本地図センターから使用権を得ています。地図が古いからと言って、著作権がない訳ではありません。画像の著作権ははデジタル化した人にあります。 きれいにデジタル化したり、こういうページを作ったりするのは大変な作業です。第三者の知的財産を守ってください。